インターネットの図書館

光回線やホームルーター、ポケットWi-Fiの情報をどこよりも分かりやすく発信します。

NURO光

NURO光の回線工事をビス留めではなく両面テープでやるメリデメは?穴あけなしで工事ができるけど耐久性では劣るからはがれてしまうリスクあり

投稿日:

小鳥くん
NURO光(ニューロ光)の回線工事って光キャビネットをビス留めじゃなくて、両面テープでやるメリットとデメリットってあるの?

ネットくん
両面テープでキャビネットを取り付ければ、外壁に穴を開けなくてすむのがメリット。
でも、耐用年数が5~10年くらいだから、はがれちゃう可能性があるのがデメリットだね。
NURO光の回線工事は、ビス留めではなく両面テープでもキャビネットの取り付けや光ケーブルの固定ができます。
両面テープを使えば、外壁に穴をあけることなく工事ができますが、デメリットもあります。
この記事を読めば、NURO光の回線工事で両面テープを使うメリット・デメリット、デメリットをカバーする方法が分かりますよ!

1. 両面テープのメリットとデメリット

NURO光では、宅内工事で光キャビネット(光ファイバーを収納するための箱)を外壁に取り付ける必要があります。
※光キャビネットを取り付けるのは外壁ですが、「宅内工事」に含まれます。

NURO光のサービス開始の頃は、ビス留めで光キャビネットを取り付ける方法しかありませんでした。
しかし、ビス留めをすると外壁に穴をあけることになってしまいます。
こんな穴です。
3~4㎜くらいの穴ですが、建物の所有者からしてみれば、穴があくのには抵抗があり、工事の許可が下りないこともあります。
そこで、NURO光では両面テープを使って光キャビネットを取り付けることができます。
この両面テープは、業務用の特殊なもので、強力な粘着力があるのと同時に、後から簡単にはがせる再剥離性の高い両面テープです。
ちなみに光ケーブルもビス留めではなく両面テープで固定できます。
ビス留め 両面テープ
壁に小さな穴が開いてしまう 穴は開かない!
NURO光の工事をビス留めではなく、両面テープでやるメリットとデメリットがこちらです。
両面テープのメリット
  • 穴あけなしでOK
  • NURO光を解約した後に、穴埋めの作業なし
  • 賃貸アパート・マンションだとオーナー、管理会社、大家さんの了解をもらいやすい
両面テープのデメリット
  • 耐久性がビス留めに劣る(両面テープの耐用年数は5~10年程度)
  • 漆塗りの木材だと両面テープが貼りつかない。
両面テープはビス留めに比べて耐久性が劣るので、両面テープがはがれてしまう可能性があります。
もしはがれてしまったら、NURO光のコンタクトセンターに電話をすれば、無料で修復してくれるそうです。
もし、大家さんに穴あけの許可をもらえない場合には、両面テープで外壁を傷付けない工法です、と伝えれば大丈夫ですね!
[common_content id="233"]

2. 大家さんからNURO光の工事許可をもらう方法

大家さんの中には、「NURO光の回線工事で、両面テープを使うので大丈夫です」と言っても、不安に思う人もいるでしょう。
そんなときには、「NURO光は、2回ある回線工事のうち、1回目の工事が終わるまでキャンセル費用が発生しない」という仕組みを利用するのがオススメの裏ワザです。
NURO光の開通工事の流れは次の5つのステップです。
STEP3の宅内工事が終わるまでは、回線工事費用が発生しません。
この仕組みを利用して、まずはNURO光に申し込んで宅内工事の予約をして、現場を確認してもらった工事業者・作業員に「どのような工事になるか」を管理会社や大家さんに説明してもらえば、工事の許可をもらいやすくなります。
NURO光の回線工事は、両面テープを使えば、穴あけしなくて大丈夫ですが、実際の現場を見ると、「やっぱりビス留めじゃなきゃダメな外壁の素材です。」ということもあります。
つまり、作業員が実際に現場を確認しなければ、本当に両面テープで工事ができるかは分かりません。
事前にいろんなケースを大家さんや管理会社に伝えると、「外壁に穴をあける可能性はゼロではないです。」などということになり、なかなか許可をもらえません。
であれば、まずはNURO光に申し込んで宅内工事の予約をして、実際の現場を確認してもらうタイミングで、工事業者さんに説明をしてもらうのが確実ですし、もし、穴あけが必要なら、その場でキャンセルをしすれば、お金はかかりません。
[common_content id="233"]

3. NURO光の回線工事を実質無料にする方法!

小鳥くん
NURO光の回線工事で両面テープを使うメリットとデメリットは分かったけど、4万円もする回線工事費ってなんとかならないかなぁ。。

ネットくん
30か月の継続利用を条件に、実質無料になる特別キャンペーンがあるよ!
ヤマダ電機などの家電量販店で申し込むとこのキャンペーンは適用されないから、NURO光に申し込むなら公式特設ページから申し込まないと損だよ。
NURO光は穴あけをしないで回線工事ができますが、回線工事費用が4万円と高いのがデメリットです。
この4万円という回線工事費、他の光回線と比べても高いんです。
戸建て マンション 備考
NURO光 40,000円 40,000円 特設ページからの申し込みで実質無料(30か月の継続利用が条件)
フレッツ光 18,000円 15,000円
ドコモ光 18,000円 15,000円
auひかり 37,500円 30,000円
ソフトバンク光 24,000円 24,000円 乗り換えなら実質無料
DMM光 18,000円 18,000円 実質無料になるキャンペーンあり
NURO光の回線工事費用が高いのは、他の光回線と違って、2回の工事(宅内工事と屋外工事)があるからです。
フレッツ光と比べても2倍の工事費用ですが、「他の光回線と比べて2倍の速度を出すためなので、ご了承ください。」というわけです。
でも、この4万円の回線工事費を実質無料にする方法があります。
下記の公式特設ページから申し込みをすることと31か月継続してNURO光を使うことの両方を満たせば、4万円の回線工事費用がかかりません。

[common_content id="233"]

上記の特設ページから申し込みをすると、開通の翌月から30か月間回線工事費の分割払い分の1,334円が割引されます。
開通した月 2か月目~31か月目 32か月目~
月額基本料金 ~4,743円
(日割りで請求)
4,743円 4,743円
回線工事費の分割払い料金 1,333円
キャンペーン割引 △1,334円
実質お支払額 ~4,743(日割り) 4,742 4,743円
ただし、31か月より前にNURO光を解約すると、回線工事費の残債が一括で請求されるので注意が必要です。
31か月の継続利用が条件とはいえ、4万円もする回線工事費用が実質無料になるのは、大きなメリットです。
この回線工事費用が無料になるキャンペーン、ヤマダ電機などの家電量販店では適用されませんし、代理店のキャンペーンページでは適用されません。
しかも、4万円の回線工事費用が無料になるうえに、現在は35,000円のキャッシュバックももらえます。
以前は、キャッシュバック金額が30,000円だったので、いつ元に戻るか分かりません。
NURO光に申し込みをするなら、今すぐこちらの公式特設ページからお申し込みください!
[common_content id="233"]

RECOMMEND

no image 1

これはサンプルページです。同じ位置に固定され、(多くのテーマでは) サイトナビゲーションメニューに含まれるため、ブログ投稿とは異なります。サイト訪問者に対して自分のことを説明する自己紹介ページを作成す ...

-NURO光

Copyright© インターネットの図書館 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.